June 02, 2017
iaku公式サイト=iaku.jp

takuya yokoyama facebook=facebook diary



◎[iaku次回公演]

「粛々と運針」作・演出:横山拓也 出演:尾方宣久(MONO)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、市原文太郎、伊藤えりこ(Aripe)、佐藤幸子(mizhen)、橋爪未萠里(劇団赤鬼) <東京公演>2017年6月2〜6日@新宿眼科画廊 <大阪公演>6月9〜11日@インディペンデントシアター1st 


◎[脚本] 

・劇団ハイリンド 番外公演vol.3「仮面夫婦の鏡」 作:横山拓也 演出:早船聡(サスペンデッズ) 出演:伊原農 幸田尚子 2017年4月21(金)~30(日)@下北沢ギャラリー(スターダスト) 詳細


・劇団大阪「walk in closet」 作:横山拓也 演出:小原延之 2017年6月2日(金)15時/19時、3日(土)14時/18時、4日(日)11時/15時 会場:谷町劇場 ご予約・お問い合わせ
劇団大阪 06-6768-9957


◎[アフタートーク出演]

・劇団きらら「はたらいたさるの話」 5月19日(金)19時30分の回、終演後 @花まる学習会王子小劇場 公演情報はコチラ→詳細 (コメントも書かせていただきました)


◎[書籍]


・Yokoyama Takuya作品集(短編集) 価格1,000円


・BOLLARD別冊 TUNNEL《 iaku横山拓也 特集号》(「人の気も知らないで」「流れんな」収録)発売中 価格1,000円


・車窓から、世界の 価格1,000円


・エダニク 価格1,000円 



◎[DVD]各種2,500円



・「人の気も知らないで」(2012.04 大阪 カフェスローにて収録  初演:4人バージョン)【増刷出来】

・「エダニク」(2013.01 津あけぼの座にて収録)[品切れ中] 

・「流れんな」(2013.07 福岡 ぽんプラザにて収録)

・「目頭を押さえた」(2013.12 三重県文化会館にて収録)

・「walk in closet」(2015.11 伊丹 アイホールにて収録)[品切れ中]



◎[DVD&Blu-ray]DVD3,000円 Blu-ray4,000円

・「エダニク×太田信吾」(2016.06 東京 三鷹市芸術文化センター星のホールにて収録) 


コチラよりご注文ください。







information |  0:00 AM
June 01, 2017
チケット予約【4月23日(日)開始】




粛々と運針 flyer omote.jpg

「粛々と運針」作・演出:横山拓也

出演:尾方宣久(MONO)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、市原文太郎、伊藤えりこ(Aripe)、佐藤幸子(mizhen)、橋爪未萠里(劇団赤鬼)

東京:2017年6月2日(金)~6月6日(火)@新宿眼科画廊

大阪:2017年6月9日(金)~6月11日(日)@インディペンデントシアター1st


***********************************


チクチクと針を運ぶ。チクタクと進む秒針。2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。

築野家。弟と二人で母を見舞う。病室で母から紹介されたのは、「金沢さん」という俺たちの知らない初老の紳士。親父が死んだあと、親しい仲らしい。膵臓ガンを告知された母は、金沢さんと相談の結果、穏やかに最期を迎えることを選んだという。まだ治療の可能性はあるのに。なんだよ尊厳死って。誰だよ金沢さんて。

田熊家。平均寿命くらいまで支払いを続けたら自分のものになる小さな一軒家を去年購入。その家のどこかで子猫の鳴き声がする。早く助けてあげたいけど、交通事故で頸椎を痛めた夫はケガを理由に探してくれない。私は、お腹に新しい命を宿しているかもしれないのに。不思議。この話の切り出し方が分からない。

平凡な生活の内に潜む葛藤を、周到な会話で描き出すiakuの新たな試み。

************************************

information |  0:00 AM
March 20, 2017
iakuでは、2016年夏、2017年冬に東京で開催した「俳優と出会うワークショップ」を、4月に大阪でも行ないます。シアターゲームなどは行なわず、横山拓也の台本を使用する実践的なワークショップになります。経験は問いませんが、応募多数の場合は書類選考させていただきます。iakuの作品に興味をもってくれているみなさまからのご応募、心よりお待ちしています。

日 時   ①午前の部 4月2日(日)10時〜13時
      ②夜の部  4月2日(日)18時〜21時 
      ※いずれか1回にご参加いただきます。

会 場   大阪市内某所(詳細は参加決定の方にメールで連絡します)

参加費   2,000円

定 員   各回、12名程度(応募が6名に満たない場合は不開催)

内 容   指定テキストを使って稽古のようなスタイルで行ないます。

参加対象  経験、年齢・性別不問。
      iakuの作品を一回以上、劇場等生で観たことがある方。

申し込み〆切  3月20日(月)24時(3/24までに参加の可否を連絡します)

申し込み受付  メール info.iaku@gmail.com
※件名を「iakuワークショップ参加申し込み」とし、お名前、年齢、住所、参加希望の部(午前の部、夜の部)、当日連絡のつく電話番号、写真(全身とバストアップ)、プロフィール(添付の場合はPDFかWord形式で)、iakuで観たことのある作品名、を送ってください。いただいたメールに返信する形で台本を送付します。添付ファイルを受け取れるメールアドレスでお送りください。(ご応募くださった方には、数日以内に返信いたします。1週間経っても返信が無い場合はご連絡ください)
information |  0:00 AM
February 19, 2017
haru_omote.jpg

メイシアター・大阪大学共同事業「あくまでも春」

作 横山拓也(iaku)
演出 小原延之
監修 蓮行(劇団衛星)
出演 公募による市民20人

日時 2017年2月18日(土)15:00(アフタートーク有り)
        19日(日)11:00/15:00
   ※開場は各30分前

会場 メイシアター小ホール

入場料 1,800円 当日2,200円 学生1,500円(前売・当日とも)※全席自由席

問い合わせ メイシアター 06-6386-6333(9:00~18:30)

詳細 メイシアターwebサイト

information |  15:00 PM
January 12, 2017
今週末、1月14日(土)、15日(日)はiaku「車窓から、世界の」三重公演(@四天王寺スクエア)が行なわれます。昨年10月末から稽古がはじまり、今週でようやく幕を閉じます。この俳優陣と、演出の上田一軒さんのおかげで、上演のレベルは相当高いものになっています。
今後iakuが再演を繰り返すレパートリー作品の一つに加わると思っています。


毎回思うのですが、自分の言葉で自分の作品を宣伝するのが本当に難しくて、客観的な視点を借りるとしたら、Twitterの感想まとめなどを参照してもらうのがいいのでしょうか。純粋な感想tweetのみ、約250件の投稿をいただいています。
しかし、ありがたいことに好意的な感想が多く、逆に信頼してもらえるか心配になったりもします。

せっかく書いてもらった感想に懐疑的になるという、この謙虚さをこじらせたような姿勢で興味を引こうとする演出に嫌悪感を抱かないでいただけましたら幸いです。
こういう書き口がiakuらしさ(厭らしさ)だったりします。


感想まとめを全部読んだらネタバレもあるし、もちろんダメ出しも拾っているので、以下、僕が〝宣伝させていただくのにちょうどいいな〟と思った感想を10件ほど抜粋し、アラカルトでご紹介。

本当に皆さん、褒める評の言葉が上手くて、次回再演時には企画書に流用させていただきたいくらい。
これだけ読んだら、本当に面白そうな芝居です。本当に面白いんですけど!



*******************



『今回も脚本が緻密で美しかった。シリアスなシーンにユーモアも挟み込んで行く手法が毎回鮮やか。揺さぶり方が本当にうまい』


『エダニクの時もつくづく感じたけれど隙がない全方位型視点というか、弁証法的語りが極まっててめまいがするくらい』


『作品ごと毎回いい題材を扱っていると思う。的を得た会話から人物の距離感が掴める感覚になれるここの芝居は面白い。かなり技巧的なのだろうけど、その世界に取り込まれるというよりは、話から派生する情勢をあれこれ考えさせられるという意味で刺激に溢れている』


『観た人から是非にと勧められ。緻密な会話劇。どこに着地すればいいかわからないテーマに自分も巻き込まれながら固唾を飲んでついていった感じ。しばしば突っ込まれる笑いにはとてもほぐされました』


『あの渋い駅員さんが「流れんな」の兄ちゃんだったなんて。「エダニク」の先輩だったなんて。緒方晋さん、恐るべし』


『いつもiakuを観た後はズッシリと重い気持ちになるが今回は笑いが多くそうでもなかったと思ったが、観劇前後で受ける印象が変わるこのチラシを見て胸が痛んだ。美しいのがなおさら』


『iakuの演劇は私たちが相手に抱く印象がいかに表層的で思い込みに満ちているか思い知らせてくれる』


『最近見てるiakuは中学校とか高校生のときの自分にぶつけたい感じある。今、なう、学生さんたちにはどうかはわからんけど、見てみて欲しいなあ』


『駅のホームで繰り広げられる会話劇。笑いとシリアスの緩急がうまくて90分があっと言う間。「自分の命」のあり方について、思わずハッとさせられました』


『自殺した三人の女子中学生達に一体何が起きたのか!?寂れた現場駅のホームほんの世界の片隅で取り巻く者達の彼女達への様々な想いが交錯してぶつかり合い渦巻く胸に響く突き刺さる。打ちつける雨の様に静かで重い純度100%濃厚濃密な会話劇をまさに堪能した気分』



*******************



というわけで、予約はコチラ


※[緊急招集!名古屋、関西の皆様へ]
名古屋や関西からも観に来ていただかないとお席が埋まらない模様です。招集かけさせていただきます。


特設サイト
diary |  13:18 PM
January 01, 2017
iaku_1221_.jpeg



diary |  0:00 AM
December 20, 2016
iakuでは、2017年、2018年にそれぞれ東京製作での公演を予定しています。それらの公演に向けて、東京で活動する俳優さんと出会える機会を設けたいと思います。夏にも一度ワークショップを開催して、たくさんのご応募をいただきました。夏のワークショップをきっかけに、次回公演に出演いただく方も数名います。iakuの作品に興味をもってくれている俳優のみなさまからのご応募、心よりお待ちしています。

日 時   ①2017年1月17日(火)19時〜21時30分 
      ②1月18日(水)16時〜18時30分 
      ③1月18日(水)19時〜21時30分 
      ※いずれか1回にご参加いただきます。

会 場   下北沢某所(詳細は参加決定の方にメールで連絡します)

参加費   2,000円

定 員   各回6〜8名程度(応募多数の場合は、送っていただいた書類を元に選考いたします)

内 容   指定テキストを使って稽古のようなスタイルで行ないます。

参加対象  俳優経験者。年齢・性別不問。2017年4月末〜5月末の稽古、6月の本番に参加する
      ことが可能な方(公演にご出演いただく場合は1月中に連絡します。そこから条件
      面等相談させてください)。
      iakuの作品を一回以上、劇場等生で観たことがある方。
      ※夏のiakuワークショップに参加くださった方も応募していただけます。

申し込み〆切  1月9日(月)24時(1/12までに参加の可否を連絡します)

申し込み受付  メール info.iaku@gmail.com
※件名を「iakuワークショップ参加申し込み」とし、お名前、年齢、住所、参加可能な日時、当
 日連絡のつく電話番号、写真(全身とバストアップ)、プロフィール(添付の場合はPDFかWord
 形式で)、iakuで観たことのある作品名、を送ってください。いただいたメールに返信する形
 で台本を送付します。添付ファイルを受け取れるメールアドレスでお送りください。


〈公演概要〉
新作「粛々と運針」作演出・横山拓也
【東京公演】2017年6月2日〜6日@新宿眼科画廊
【大阪公演】2017年6月9日〜11日@インディペンデントシアター1st



information |  0:00 AM
December 10, 2016
車窓2016チラシ.jpg

iaku 「車窓から、世界の」

作:横山拓也
演出:上田一軒

兵庫公演 2016年12月8日(木)~10日(土) ピッコロシアター中ホール
東京公演 2016年12月14日(水)~19日(月) こまばアゴラ劇場
三重公演 2017年1月14日(土)~15日(日) 四天王寺スクエア


『ここで起きた人身事故も、駅一つ離れたら「迷惑」でしかなかったんかな。』

地元有志のはたらきかけによって出来た念願の新駅「東奥原」(ひがしおくばる)。しかし、多くの住民は従来から利用していた特急が止まる隣の奥原駅から離れることはなかった。おかげで、当初見込んでいた年間乗降利用客数には程遠く、駅前開発は停滞、東奥原駅は地域発信型請願駅の代表的な失敗例となったしまった。この駅のホームから中学生女子三人が特急電車に飛び込むという凄惨な事件から2週間。今日は彼女たちがかつて所属したガールスカウト主催の「お別れ会」が行なわれる。2014年春、ピッコロ劇団(オフシアター)初演の問題作、再び。


【出演】
橋爪未萠里(劇団赤鬼) 
木全晶子(ピッコロ劇団) 
岸本奈津枝 
大塚宣幸(大阪バンガー帝国) 
杉原公輔(匿名劇壇)
緒方晋(The Stone Age) 

【兵庫公演】ピッコロシアター中ホール(兵庫県立尼崎青少年創造劇場)
2016年12月8日(木) 19:30
      9日(金) 15:00/19:30
     10日(土) 13:00/17:00

料金<日時指定・自由席>
一般前売3300円 当日3500円、U-22前売2000円 当日2500円
高校生以下 500円(枚数限定)


【東京公演】こまばアゴラ劇場(東京都目黒区駒場1-11-13)
2016年12月14日(水) 19:30
      15日(木) 19:30
      16日(金) 14:00/19:30
      17日(土) 14:00/19:00
      18日(日) 14:00
      19日(月) 14:00

料金<日時指定・自由席>
一般前売3300円 当日3500円、U-22前売2000円 当日2500円
高校生以下 500円(枚数限定)


【三重公演】四天王寺スクエア(三重県津市栄町1丁目888 四天王会館3F)
2017年1月14日(土) 19:00
       15日(日) 11:00/16:00

料金<日時指定・自由席>
一般前売2800円 当日3300円、U-22前売1500円 当日2000円
高校生以下 500円(枚数限定)

※上演時間は90分を予定しています。


【チケット発売】
10月16日(日)10時〜(兵庫公演・東京公演)
11月20日(日)10時〜(三重公演)

【予約】




information |  10:00 AM
October 20, 2016
ukkari_f-1.jpg

津あけぼの座開館10周年記念公演
ゴルジ隊「つい。つい、うっかり。」 
作:岩崎正裕・関戸哲也・永山智行・平田オリザ・油田晃・横山拓也
演出:油田晃

日時 10月19日(水)19:30
     20日(木)19:30
     21日(金)19:30
     22日(土)14:00/19:30
     23日(日)13:00
   ※開場は開演の30分前

会場 津あけぼの座(津市上浜町3丁目51)

アクセス 近鉄江戸橋駅より 徒歩3分(駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください)

料金 一般前売・予約 2000円・当日 2500円
   U-22前売・予約 1000円・当日 1500円
   ※U-22は22歳以下の方ならどなたでも適用されます。劇場受付で年齢の分かる証明書をご
    提示下さい。
   ※前売・予約で予定数に達した場合当日券発売を行わない可能性がありますことをご了承
    ください。

ご予約の際、お名前(フルネーム)・観劇希望日・希望枚数・連絡先などをお伺いいたします。
Tel:059-222-1101(平日10時〜18時) Fax:059-222-1109
Mail:info@akebonoza.net
津あけぼの座ホームページ 
information |  19:30 PM
October 13, 2016
風当り、今宵の葉擦れ_東京.jpg

職人 坂口修一と日替わり女房「風当たり、宵の葉擦れ。」

作・演出:横山拓也(iaku)

出演 坂口修一 
日替わり女房 森谷ふみ(ニッポンの河川)

日時 10月13日(木)19時30分〜、14日(金)16時〜、19時30分〜
会場 古民家asagoro(東京都中野区若宮3-52-5 浅五郎荘)
アクセス 西武新宿線「鷺ノ宮駅」から徒歩6分
料金 前売2,800円 当日3,000円
問い合わせ info.iaku@gmail.com


危険な家電、扇風機。風のあたり過ぎによる呼吸困難や、回転する羽に触れて指を切断するといった「風の事故」で、毎年多くの人が死に至る扇風機。逆風を跳ね飛ばすことはできるのか?扇風機職人・二代目扇屋鈴太郎の奮闘!
関西小劇場界のダイナモ・坂口修一が各地の女優と組む二人芝居企画。京都、大阪、名古屋、香川ときて、いよいよ東京上陸。作演出はiakuの横山拓也。圧倒的にバカバカしく、哀愁に満ちた60分!

information |  19:30 PM
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10